ローマにあるビデオゲーム博物館「VIGAMUS」訪問記

 2012年にオープンしたばかりの新しい博物館。イタリア旅行の際に立ちよりました。日本語のガイドブックでは見かけないスポットですが、行ってみたら面白かったので紹介します。


 場所は、ヴァチカン美術館の最寄り駅「Ottaviano駅」から徒歩10分ほど。博物館の入り口は階段を降りた地下にあります。いちおう地上に看板は出ているけど、若干分かりにくいので、Googleマップを見ながら行くとよいでしょう。

 

 入り口では『バイオショック』のビックダディとリトルシスターや『トゥームレイダー』の像がお出迎え。壁には『NINJA GAIDEN』の板垣伴信氏の写真が飾られていました。
 館内は想像以上に広く、いくつかの展示室やシアタールーム、イベントスペース、オキュラスのVRゲームが遊べる部屋などがありました。

 
 館内には、プレイ可能なアーケード筐体やビデオゲーム、PCゲームがところ狭しと並んでおり、数十台はありました。せっかくなので幾つかプレイしてみたところ、『スペース・インベーダー』の意外と響く重低音に驚かされました。『ハングオン』は、バイクにまたがるタイプではなく、ハンドルだけのタイプがありました。

 
 
 
 ビデオゲームの歴史に関する展示も、解説パネルと陳列物がずらりと並び本格的。


 数年前に話題になった、ニューメキシコ州の砂漠から発掘されたアタリ関係の品々。ゲームコントローラーやカタログが、砂と共に展示されていました。

   
 奥にゲームクリエイターの肖像画が並ぶコーナーがあり、日本人では須田剛一氏、三上真司氏、小島秀夫氏、宮本茂氏の4名が飾られていました。海外で評価の高い人たちという印象。

  訪れた記念に、売店で現地のレトロゲーム雑誌数冊(VIGAMUSが編集に協力しているっぽい?)と博物館のロゴ入りキーホルダーを購入。店員が「キーホルダーはプレゼントするよ!」と、おまけしてくれました。
 カタコトの英語で「よい博物館ですね」「日本から来ました」と伝えたら、「僕もトーキョーに行ってみたいけど、旅費が高くてねえ……」と嘆いていました。面白い博物館なので、もっとたくさん観光客が訪れて、繁盛して、この人が旅費を得られたらいいなと思いました。

(2017年5月4日@VIGAMUS)