回顧2019

2019年の振り返りと、お気に入り作品のまとめ。

 

【アニメ】

・配信サービスは、主に「Amazonプライムビデオ」を利用中(必要に応じて「Netflix」「dアニメストア」「バンダイチャンネル」を併用)。

『空の青さを知る人よ 』……2019年に観たアニメ映画ではいちばん心に響いた。予告を観た時点では「タイムスリップ物なのかな?」と想像していたけど、予想を裏切る独特な展開で心の機微を描いていて面白かった。

『上野さんは不器用』『ぼくたちは勉強ができない』……どちらも楽しんで観た作品。『ぼくたち~』は第1期のOPも良かったですね。「武元うるか」は今年のベストヒロイン。『上野さん~』は1エピソード10分程の小粒感も作品に合っていて良かった。

京都アニメーションの事件……初報の印象は現実の出来事とは思えないような「……え!?」というものだった。続報で徐々に被害の大きさが実感されるにつれて、大きなショックと喪失感に襲われた。西屋太志氏のキャラクターデザインが好きだったので、今後もう見られないのが悲しい。

『なつぞら』……アニメーターが主人公ということで、この番組で初めて「NHKの連続テレビ小説」を全話観た。中盤、高畑勲氏っぽい理詰めの新人演出家が現れて、アニメーターが戸惑う辺りの描写が面白かった。今年は小田部羊一氏の講演を聴講したり、東京国立近代美術館の『高畑勲展』を観に行ったりして、東映長編を振り返る機会が多かった。

藤津亮太さんのメルマガで連載している水池屋さんの原画集レビューが100回に到達……まさかこんなに続くとは思わなかった。僕は文章を読みやすく直すお手伝いをしているのだけど、2015年スタートなので、その作業を4年もやったことになる。
原画集レビュー連載『理想のアニメ原画集を求めて』リスト

Blue-ray『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』のシャフト通販限定特典の冊子が、度重なる延期を経て、ついに手元に到着……Blu-rayの発売日から10ヶ月後に特典が届いた衝撃は忘れられない。

 

【ゲーム】

・活用中のハードは、PS4、Switch、PC。スマホのゲームは全然しない。

・PC『Overwatch』……発売から3年を経て相変わらず大好きで、毎日2~3試合が習慣化している。以前はチーム編成で揉めることが多かったが、今年から新ルール「ロールキュー」の導入で改善され、フェアな編成以外は不可能になった。最近は、タンクヒーロー(ラインハルト、D.Va、オリーサ)を愛用中。

・PS4『キングダムカム・デリバランス』……15世紀のチェコを舞台にしたRPG。待望の日本語版。主人公が広大なフィールドを冒険する過程で、貴族、市民、キリスト教徒、悪党、異教徒といった人々の暮らしをリアルに感じることができ、現代の日本人の常識とはまったく違う世界なので、目にするものすべて面白かった。教会や城の構造などを見るだけでも楽しく、川の浅い所に足場用の板が数枚置いてあるのを見ただけでも「生活感ある!」とワクワクした。

・Steam『Return of the Obra Dinn』……保険の調査員となって、船員が消失したオブラディン号の事件を調べるアドベンチャーゲーム。調査が進むほどに、事件の異様さがあらわになっていき、物語に引き込まれる。古い小説の挿絵のようなタッチのビジュアルが、その不気味な雰囲気にマッチしていた。メモを取りながらプレイしないと解けない高難易度。

 

  【音楽】

・音楽配信サービスは「Spotify」を利用中。

・今年よく聴いたアルバム。

The Chemical Brothers『No Geography』
ナナヲアカリ『DAMELEON』
ザ・リーサル・ウェポンズ『Back To The 80's』



『HELLO WORLD』の感想

f:id:bono1978:20190924154203j:plain

 ドワンゴが運営するN予備校の「ものがたり創作」の授業で、物語の主人公には実は「動機」が無くて、誰かに何かを「頼まれたから」が主人公の動機となるのである……と最近学んだのだけど、『HELLO WORLD』の主人公は大人になった自分から依頼を受けていた。
 大人になった主人公の目的は、10年前に起きた死亡事故を未然に防ぎ、恋人の命を救うこと。その過程で、彼が在りし日の恋人の姿を見て、すっと涙を落とす場面があった。「その人がそこに居るだけで嬉しい」という感覚だろう。この場面を観た僕は、昔、ネット上の堀口悠紀子信者がよく使っていたコピペ文、「ほりほりが肺で呼吸をして、お口でご飯をたべる そして元気にかわいい絵を描く それが俺たちの望むほりほりでそれが全て・・・・・・」を思い出していた。ヒロインは魅力的に描かれていて、3DCGでも堀口キャラのかわいさがここまで表現できるんだなと思った。

   映画の主な舞台は、10年前の京都。といっても、劇中の時代設定は近未来なので、今から10年前の2009年という訳ではないのだが、我々の世界で10年前といえば『けいおん!』が放映された年である。なので、『けいおん!』世代の若者が本作を観たら、高校生だった10年前を思い出したりするのかな?と思った。
 僕は10年前に高校生ではなかったけど、いくつか思い出したことがあった。例えば、本作の主人公の部屋に、堀口キャラの表紙のエロい本が隠してあったので、それを観た僕の脳は、記憶領域の最深部から「あずにゃんペロペロ」という言葉をサルベージするなどの働きを見せた。さっきの「ほりほりが肺で呼吸をして~」も相当久しぶりに思い出したが。

 昨今、IT企業や国家による行き過ぎた個人情報の収集が危惧されているけど、このSF映画では、そのようなデータの活用において、人間のリカバリーに使われるような、前向きな未来観が示されているところは興味深いと思った。
 劇中に「リカバリー」という言葉が繰り返し出てきたのだけど、そういう意味では、僕の脳内で薄れていた「ほりほり」領域が本作のヒロインの魅力によってリカバリーされたので、「ほりほり+リカバリー=ほりほリカバリー映画だな……」とか思いながら映画館を後にした。

『天気の子』の感想

f:id:bono1978:20190724183853j:plain

 モヤモヤする映画だったけど、この映画の「ヒロインと主人公」の関係って、「大ヒット映画を手がけた新海誠監督と川村元気プロデューサー」の関係に似てるかも?……と考えてみたら、だんだんそういう映画のように思えてきた。

  ヒロイン(=監督)は、他人には無い特殊な力を持っていた。しかし、それは使わず、親や大きな組織の力も借りず、自分と身内だけで細々と生きてきた。しかし、その生き方に限界が訪れる。「もう自分の恥ずかしいところを極限までさらけだして売り物にするしかないのでは!?(=究極の私小説的アニメ映画)」……と迷い始めたところで、主人公(=プロデューサー)と出会う。ヒロインは実は知る人ぞ知る存在で、主人公はそんな彼女の噂を聞き、会いにきたのだ。出会った2人は意気投合し、一緒に仕事をすることになった。そして、主人公が企画・プロデュースを手がけた「晴れ女」が大ヒット! ヒロインは、それまで秘めていた才能で、いちやく人気者となり、幅広い層のお客さんを笑顔にし、仕事の依頼も殺到した。……と、ここまでの展開は、監督とプロデューサーが『君の名は。』を大ヒットさせるまで、を彷彿とさせる。

 ではこの後はと言うと、「if」、大ヒット監督の身に起こりえたかもしれない物語ではないか。

 ヒロイン(=監督)は周囲の期待に応えて仕事をするうちに、身体を壊してしまう。そこで、主人公がはたと間違いに気づく。そして後悔する。自分のプロデュース方針のせいでこんなことになるなんて……!
 主人公が映画のプロデューサーだったら、きっとこう叫ぶだろう。「『君の名は。』みたいな映画を世界中が望んでいる。だけど、それはもう撮らなくていい。すべての映画ファンを敵に回しても、俺は君を助ける!」

 おおむね、そんな映画ではなかっただろうか……。

「よつばの。読書会15」参加レポート

f:id:bono1978:20190603205121j:plain

 おすすめの同人誌を持ち寄って参加者が自由に読むイベント、「よつばの。読書会」(第15回)にまた参加しました。

持参した本

  過去に7回参加しているので、珍しい本はもう弾切れで、今回は最近買った本や再読して面白かった本などを持っていきました。

会場で読んで印象に残った同人誌

  • AMERICA『Hitsujitachi no Chinmoku』……会場内にサークル「AMERICA」のファンが設置した特設コーナーがありました。この読書会の光景としては異様で、また表紙の絵も独特なので、その一角はちょっと近寄りがたい雰囲気でした……。でも、本を開いてみたら、独特なパワーが! 主に映画『羊たちの沈黙』のコミカライズなのだけど、そもそもどういう衝動に突き動かされて「この映画を漫画で表現せねば」と思ったのだろうか。なぜこんなに分厚い紙なのだろうか。いろんな疑問が脳を駆け巡る。でも、何か情熱は伝わってくる。何年もかけて、この漫画を描ききることは容易ではなかったはず。「人はなぜ同人誌を作るのか?」とか「作りたいものを作るのが正しいのだ」とか、いろいろ考えさせられるコーナーでした。
  • あむ『星宮いちごを強姦して僕は星になる』……初めて見るスタイルのエロ同人誌でした。エロ同人誌において、ヒロインの相手をする男性は、同じ物語世界に属するキャラ(主要キャラ、モブキャラ、物語本編には登場しないけどその世界のどこかに居ると思われる同人誌オリジナルキャラ等)が務めるのが一般的。だけど、この本では、エロ同人漫画家(=この本の作者だと思われる)が、現実世界の新宿に現れた星宮いちごを襲いに行くシチュエーションが描かれている。「そういうカップリングも成立するんだ!?」と驚きました。また、そのカップリングで読み物として成立させるのは難易度が高そうに思えますが、続きが気になって読んでしまう漫画のパワーが有り、異種格闘技戦のような先が読めない感じや、『聖戦士ダンバイン』の「東京上空」の回でファンタジー世界のロボットが現実世界に突然現れた時のような不思議な感覚が味わえました。
  • 『FREE TALKING』……大平晋也氏の『バブルガムクライシス』の原画が載っていて、これが格好よかった!
  • 『PEACH GIRL~ROUGH SKETCH 2018 TB MIX~』……「電人堂」というサークルの同人誌で、4冊ほど置いてあって、絵がかわいかった。
  • 丸紅茜『丸紅アパートメンツプレスペーパー Vol.5』……おしゃれな本で、外国の建物の描き方が良いなあと思いました。
  • イアン『イアンのナードコア大百科』……僕はまったく縁のないジャンルだけど、詰め込まれた情報量と本の分厚さに作者の熱意を感じました。あと、今思い出したけど、レオパルドンの曲は好きで昔よく聴いてました(『ゼロ装置』とか『気合ライダース』とか)。
  • 『Adult Video Animation 完全攻略法』……噂には聞いていたけど、初めて実物を見ました。アダルトアニメの作り手に取材するだけでなく、『Newtype』はじめ各アニメ雑誌の編集者に「(その当時)新たに生まれたアダルトアニメという存在をどう捉えているのか」をインタビューしていて凄かったです。
  • ネギなしラーメン『かえでさんとあおいちゃんが登る 百名山』……山に登った体験を絵に描いて同人誌を作る、というサイクルをコツコツと何年も継続していて凄いと思いました。

 

 

 

 (2019年6月1日(土)「よつばの。読書会15」@東京都中央区立産業会館2階展示室)

C95(冬コミ)情報

・僕自身のサークルは今回不参加です。

・newさんの依頼で、下記サークルのポストカード(宛名面)のデザインを担当しました。参加される方は、見てみて下さい!

2018年12月29日(土):L27a
サークル名:Project ORBIS