「藤津亮太のアニメの門チャンネル【会員枠】『理想のアニメ原画集を求めて』を振り返る!」に出た

 藤津亮太さんのメルマガ終了(動画メインの活動への移行)に伴い、水池屋さんによる原画集レビュー連載も最終回を迎えました。それで、2021/01/08(金) 22:30から、連載を振り返る生放送に水池屋さんと一緒に出ました。
 5年間も定期的に作業し続けたので、それが無くなるのは寂しいですね。

【参考】原画集レビュー連載『理想のアニメ原画集を求めて』リスト

f:id:bono1978:20210110112857j:plain

<放送内容>
・2人はどのようにして出会ったのか
・連載開始の経緯
・原稿を作る上で、2人の間でどういうキャッチボールがあったのか
・取り上げる本はどう選んだのか
・作業ペースはどうだったのか
・コロナ禍、コミケ中止の連載への影響
・ピンチはあったのか
・連載を振り返ってお気に入りの回、印象的な本
・藤津さんの助言「大事なことは何回も書いた方がいい」
・業界の変化と井上俊之さんの本
・連載初期をまとめた同人誌の反響
・連載全部をまとめたKindle版同人誌を計画中
・電子書籍のE-SAKUGA、Blu-ray映像特典の原撮やプリビズについて
・連載を終えてみての感想

『第2回 作girl杯2020』を観た

f:id:bono1978:20210103125018j:plain

 たまたまweiboで告知を見かけて、1月2日に『第2回 作girl杯2020 華語作豚年度評選』のbilibiliライブ配信を観てみた。実行委員会がノミネートした候補に作画ファングループの人達が投票して、2020年のアニメを振り返るイベント、なのかな?
 最初、機材トラブルでビデオの動きがカクカクしていたのだけど、新井淳さんの作画スタイルを連想した観客たちが、コメント欄に作画ギャグを書き込みまくる一幕も。
 開票結果は以下の通りだった。


<TVアニメ(オリジナル)>
1.『ID:INVADED』
2.『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』
3.『Lapis Re:LiGHTs』

<TVアニメ(原作物)>
1.『映像研には手を出すな!』
2.『異種族レビュアーズ』
3.『イエスタデイをうたって』

<監督>
1.朴性厚(『THE GOD OF HIGH SCHOOL』『呪術廻戦』)
2.畠山守(『かぐや様は告らせたい?〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』)
3.博史池畠(『群れなせ!シートン学園』『キラッとプリ⭐︎チャン シーズン3』『トニカクカワイイ』)

<劇場アニメ>
1.『海獣の子供』
2.『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』
3.『空の青さを知る人よ』

<キャラクターデザイナー>
1.横田拓己(『波よ聞いてくれ』『戦翼のシグルドリーヴァ』『ラブライブ! 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』)
2.小西賢一(『海獣の子供』)
3.斎藤敦史(『心予報』)

<総作画監督>
1.小西賢一(『海獣の子供』)
2.平山寛菜(『彼女、お借りします』)
3.池上太郎(『Lapis Re:LiGHTs』)

<シリーズ作画>
1.『呪術廻戦』
2.『薄明の翼』
3.『THE GOD OF HIGH SCHOOL』

<作画回>
1.『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』第18話
2.『呪術廻戦』第13話
3.『サクラ革命 ~華咲く乙女たち~』

<若手原画>
1.長田寛人
2.新沼拓也
3.川田和樹

<原画>
1.weilin zhang
2.渡邊啓一郎
3.沖田博文

f:id:bono1978:20210103131753j:plain

f:id:bono1978:20210104172438j:plain

f:id:bono1978:20210103132143j:plain

f:id:bono1978:20210103133225j:plain

回顧2020

 2020年の振り返りと、お気に入り作品のまとめ。

 今年観た映像作品のベストは、なんと言っても海外ドラマ『チェルノブイリ』。未曾有の大事故に対応する登場人物たちの振る舞いや、事故現場の禍々しい雰囲気、見慣れないソ連の風景などに引き込まれて一気に観た。吹替も良かったですね。時期的に、不信感がわく日本政府のコロナ対応とチェルノブイリ原子力発電所のまずい事故対応が少し重なって見えて、より普遍的な内容に感じられました。



【アニメ】
・動画配信サービスは、主に「Amazonプライムビデオ」と「dアニメストアチャンネル」を利用中(必要に応じて「Netflix」「dアニメストア」を併用)。

 ・コロナ……アニメの放映スケジュールに影響が出たり、コミケが中止になったりしましたね。コロナと言えば、「Zoom」をインストールして友人達と何度か雑談会をしたのも今年の思い出。あと、地方在住なので東京のイベントが配信でも観られるようになったのは便利でした。

『呪術廻戦』のOPとEDの映像が良かったですね。EDは、輪郭線からはみ出すようにブラシを走らせる色の塗り方で、ブラシの描線がそのまま残像のラインに繋がるのもスタイリッシュ。
f:id:bono1978:20201230231204j:plain

・今年のベストアニメヒロインは特に無し。……と思ったけど、年末に『D4DJ First Mix』第8話を観たらピンクの髪の人(※犬寄しのぶ)が格好よかったので、それで。ぜんぜん気づかなかったけど、声は『Wake Up, Girls!』の人だったのかー。

静岡県立美術館「富野由悠季展」……展示物の数が凄まじかったですね。画面に映るデザインされたものの印象はデザイナーのセンスによるところが大きいと思っていたのだけど、想像以上に監督の修正指示の力も大きかったんだなーと展示を見て分かった。
 メカデザイン案に対する修正指示のコメントで、逸脱したデザインには「ファンの世界観を壊してはいけない」とか、背面を描き込みすぎているデザインには「アニメーターに手を抜く部分を作ってやってください」とか書いてあって、いろんな心遣いが感じられたのも面白かった。
 あと、『逆襲のシャア』で、風景としての宇宙とモニターに表示される宇宙が描き分けられているのが気になっていたのだけど、パイロットの心理に配慮してモニターでは宇宙が明るく表示されるという設定だったらしく、「なるほど!」と思った。

 

【ゲーム】
・活用中のハードは、PS4、Switch、PC。12月からゲーム配信サービス「PS Now」を利用中。スマホゲームは『アークナイツ』を少し触ったけど、面倒に感じてすぐに止めちゃった。

・PS4『OuterWilds』……宇宙パイロットとなり、一人乗りロケットで近隣の星を探検して、滅亡した異星人文明の痕跡を追っていくオープンワールドのアドベンチャーゲーム。遺跡を巡りながら古代文明に思いを馳せる考古学的な楽しみがある。地球とはスケールの違う自然現象に触れて恐ろしくなる、宇宙ならではの感覚も味わえて夢中になった。


Outer Wilds - Launch Trailer | PS4

・PS4『Ancestors: The Humankind Odyssey』……1千万年前のアフリカを舞台に、猿の群れを率いて危険なトラやヘビが徘徊する大地を旅し、人類への進化を体験するオープンワールドのサバイバルアクションゲーム。メインビジュアルを見ても猿一色で「誰向けのゲーム!?」という印象だったけど、『アサシンクリード』シリーズ初期の開発中心人物パトリス・デジーレ氏が10年ぶりに開発した新作として、一部のゲームメディアでは注目されていたようだ。
f:id:bono1978:20201231180223j:plain

 『ダンガンロンパV3』で「優柔不断なサル語を喋ってんじゃねーよ!」というセリフがあったけど、『Ancestors』の猿の世界には言語が無い。だから、誰かから教わることはできず、なにもかも自分で試行錯誤して発見していく必要がある。ゲームの進め方や操作方法に関しても同様で、ほぼ説明が無く、試行錯誤しながら学んでいくことになる。かなり不親切ではあるけど、猿の暮らしを体験する一環のようで楽しかった。「作りかけでリリースされたのでは?」と感じるぐらい作り込みが甘くて、繰り返しプレイしたくなるゲームではないけど、初めて体験する猿の世界がとても面白くて、最後まで投げ出さないぐらいには雰囲気が気に入った。


『Ancestors: The Humankind Odyssey』 プロモーションビデオ

・PS4『DOOM』……「地獄」と繋がってしまった火星の研究施設を舞台に、悪魔の群れに立ち向かっていくFPS。過激なゴア表現が売りのFPSみたいな偏見があって今まで全く興味が無かったけど、「PS Now」でプレイしてみたら、意外と世界観が魅力的だった。爆音のBGMに心臓を高鳴らせながら、段差のあるフィールドを駆け回り、押し寄せる悪魔の軍勢の猛攻にスリルを感じつつ、様々な種類の銃弾を浴びせていく。その高揚感は他のゲームでは味わったことのないものだった。


DOOM | official trailer (2016) E3 2015

 

【音楽】
・音楽配信サービスは「Spotify」を継続して利用中。

・ピエール瀧氏の逮捕以来、長らく配信停止になっていた電気グルーヴの楽曲が配信再開されたのは今年嬉しかった出来事。

・今年よく聴いた曲
ナナヲアカリ『完全放棄宣言』
ずっと真夜中でいいのに。『お勉強しといてよ』


完全放棄宣言 / ナナヲアカリ


ずっと真夜中でいいのに。『お勉強しといてよ』MV(ZUTOMAYO - STUDY ME)

週活003「PlayStation Nowを利用し始めた」

f:id:bono1978:20201206213755j:plain

 音楽も動画も配信サービスを活用している。それで最近、ビデオゲームの配信サービスにも興味が湧いた。僕は「最新タイトルを絶対に発売直後に遊びたい」というタイプではないので、もしかしたら向いてるかも。
 で、名作『The Elder Scrolls IV: オブリビオン』を久しぶりにプレイしたくなったこともあり、『PlayStation Now』を契約してみた。
 現状、配信タイトルのラインナップは豊富とは言えないけど、準新作~旧作のいろいろなジャンルのゲームを気軽につまみ食いできる面白さはありますね。

 自分でも意外だったけど、プレイしてみたら『DOOM』の世界観が意外と好みだった。火星の先端研究施設が「地獄」と繋がってしまい、押し寄せた悪魔に占拠される。プレイヤーは地獄の墓所で発見された戦士・ドゥームスレイヤーとなって、悪魔退治に単身乗り込む。開始して最初に目にするのが、自分を蘇らせるために行われた魔術的な儀式の跡というのが不気味でよかったですね。まあ、プレイ感覚が単調であまり面白くはないけど、それを補って余りある魅力的な雰囲気がありました。ゲームショップではまず手に取らないような、ゴア表現が売りのFPSなので、サブスクならではの出会いと言える。PlayStation Nowよ、知らない世界を見せてくれてありがとう。

f:id:bono1978:20201206215250j:plain

 

週活002「プラモ作りのノウハウはYouTubeで学べる時代」

f:id:bono1978:20201202205019j:plain

 Amazonで「USB充電式エアブラシ」なるものを見かけた。ここ数年のあいだに登場した新ツールらしい。僕はプラモ作りも好きで、昔からエアブラシ塗装には憧れがあった。しかし、従来の機械は高価だったり、大きくて場所を取りそうだったりで、年に1~2個しか組み立てない自分には身の丈に合わない存在だった。でも、これは約5千円と低価格でコンパクト(※牛乳パックぐらいの大きさ)。性能も十分との評判。もはや買わない理由が無い!

 で、注文後、エアブラシの吹き方を学ぶために模型解説系のYouTube動画をいろいろ観た。そうしたら、エアブラシ以外にも、プラモデル作りの最新ノウハウがどんどん頭に入ってきた。
 いや、同じようなノウハウは、模型雑誌やプラモ関連書籍にも書いてあるのだろう。でも、「この作業の時は手をこう動かす」だとか、「この道具を使うとこういうメリットがある」だとか、動画の実演を観た方が遥かに分かりやすい。
 また、紙の誌面の場合は、その加工が自分のようなド素人にとって簡単なのか大変なのか、いまいち分かりづらい。その点、動画の場合は観た瞬間に「あ、これは出来そう」と分かる。そんな訳で、未経験の加工をいろいろ真似してみたくなった。YouTubeよ、いろいろ教えてくれてありがとう。