bono1978 BLOG

心が動いた時に書くブログ

『花束みたいな恋をした』感想

(2021年)監督:土井裕泰 脚本:坂元裕二 主演:菅田将暉・有村架純

 周りの評判が良かったので「どんな感じの映画かな?」と興味が湧いて観に行った。サブカルチャーを愛好する男女が、押井守監督の話題で意気投合して、付き合い始める恋愛映画。……ではあるのだけど、僕的には、なんだか恐い部分が印象に残る映画だった。

 主人公のひとり、菅田将暉氏演じる男子大学生は、似た趣味を持つ恋人を得る。しかし、大学を卒業して社会に出るにあたって、その持ち味がお金を稼ぐ役には立たない現実に直面する。そして、自身のかたちを「社会人」に矯正していく過程で、内面をも変質させていき、眼から光は消え、文化への興味を失っていく。その変化は、もしかしたら僕の身にも起こり得たことなのではないかと思って、とても恐ろしく感じた。

 他にも恐い場面はあった。最初、彼が趣味を活かしたイラスト描きの仕事を始めるのだけど、クライアントと単価交渉をした時に、「だったら、いらすとやを使うので結構です」と切り捨てられる場面、これも本当にありそうでゾッとした。あとは、物流関係の会社に就職して仕事が忙しくなると、『パズドラ』しか楽しめない身体になっていく場面も恐ろしい。趣味と仕事のバランスを上手くとれる仕事に就いていれば、また違う人生があったのではなかろうか、と思わずにはいらなれなかった。

(2021年5月1日@TOHOシネマズ浜松)

『みほとけのキセキ ー遠州・三河の寺宝展』感想

f:id:bono1978:20210423180442j:plain

重要文化財の仏像10体を含む寺宝展。遠州~三河地方にまたがる地域に焦点を当てた初の展示とのこと。招待券をもらったので観に行ってみた。

まず、今回の展示物を所蔵しているお寺の配置図とその解説が面白かった。東海道沿いに建っていたり、あるいは三河国府から浜名湖北岸の山深いエリア(修行に適している)を通る交通の流れに沿って建っている。当時の交通事情を感じ取ることができた。

また、仏像の展示数は多くはなかったが、平安~鎌倉~南北朝と時代を経るにつれて、仏像の造形にあいまいさが無くなり、細工も緻密になっていくのを実感できた。さすが数百年進んでいるだけある。

展示物の本格的な解説の脇に、興味をひくちょっとした豆知識が書かれており、それも面白かった。千手観音は左右合わせて40本の脇手を持ち、1本の脇手で25の世界を救うから、「40本×25=1000手」という説明を読んで、「そうだったのか!」と納得した。

あと、以前に人体の描き方の本を読んで、頭部から股下:股下から足裏の比率が1:1になることを学んだ。その見方をすると、仏像の一部はこの比率よりも足が短い。でも足元の土台(踏みつけている天の邪鬼など)まで含めると、1:1の比率になっているのだなと見ていて思った。

今回いちばん迫力があったのは、方広寺の「文殊菩薩坐像」(南北朝時代)。大きさは小ぶりだが、飛び抜けた存在感があった。『ニューヨーク美術案内』の彫刻の章を思い出した。まとっている空気が格別な気がした。

「見る者が彫刻の周りにどれだけ深々とした空間を感ずることができるか」これに尽きます。作品が支配する空気の層が分厚ければ分厚いほど、その作品はよくできている。/要するに魚の骨なのです。周りにどれだけ豊かな肉を感じることができるか、これが彫刻の生命です。細部がどうとか、ほとんどどうでもいいことです。このたっぷりした空気の層こそ見るべきものです。(千住博・野地秩嘉『ニューヨーク美術案内』)

(2021年4月23日@浜松市美術館)

ニューヨーク美術案内 (光文社新書)

ニューヨーク美術案内 (光文社新書)

 

小田原の街歩きツアー「ティピさんぽ」の感想

f:id:bono1978:20210402205430j:plain

 小田原にあるゲストハウス「Tipy records inn」主催の街歩きツアー「ティピさんぽ」に参加しました。Twitterで偶然に告知を見かけて、小田原の街に興味があったので、宿泊はせずツアーのみ参加。参加費1500円。この宿を3年前から経営しているというコアゼさんの案内を聞きながら、約2時間かけて小田原の市街~海~駅前をぐるりと歩くツアーでした。

 ただ、参加する前には1つだけ心配がありました。僕は一度も「ゲストハウス」に泊まった経験がなく、実体を知らないので、もの凄くエネルギッシュな人達(ヒッチハイカーとかバックパッカーみたいな旅人)が利用する宿泊施設というイメージがありました(※イメージです)。なので「客層的に場違いだったらどうしよう……」と申し込んだ時点では少し恐る恐るという気持ちでした。

 でもそれはまったくの杞憂で、この日の参加者は8名、主な客層は小田原移住を検討中の社会人やファミリーでした。観光地とは一味違うローカルスポットを巡りながら、街の歴史や地理の豆知識も学べる面白い内容。参加者同士が自然と会話する雰囲気もあり、ガイドのコアゼさんもなにかと親切なかたで、あっという間の2時間でした!思い切って参加してみてよかった。小田原の街に興味がある方にはおすすめです。

 <印象に残ったところ>
・目の前で魚をさばいていて、美味しそうな刺し身やフライが並んでいる鮮魚店
・歴史を感じさせる店構えの額縁屋
・駅から徒歩圏内にある、意外と近い海。釣り人がいる荒々しい岩場と、こじんまりとした海水浴場。
・江戸時代創業の古風な佇まいの薬局
・安くて美味しい手作りさつま揚げの「すぎせい」(1枚162円の「いわし」を食べましたが、揚げたてでホカホカでした!)
・昭和31年に廃止された路面電車の展示
・小田原城の戦史のかんたんな解説
・小田原駅周辺が遠くまで見渡せる、再開発ビル「ミナカ小田原」14階の展望台

(2021年4月2日)

f:id:bono1978:20210402205456j:plainf:id:bono1978:20210403183236j:plain

僕とClubhouse

 最近Clubhouseにはまっていて、主にアニメスタッフのトークを聞いてます。

 新しいもの好きなので、話題になり始めた頃から興味津々でした。ただ、いかんせん、招待してくれる知り合いが居ない!……という状態だったのだけど、2/10にあいうさんに招待して頂き、ついに利用開始。

 中の印象としては、小会場のトークイベントの雰囲気に似てますね。壇上で専門家やサブカルチャーに詳しい人が喋り、話の成り行きによっては客席の著名人が呼ばれてトークに加わるサプライズもある。ただ、違う点は、壇上の人と客席の人が離れた場所に居ること。各自が思い思いの場所からアクセスしながら、そういう一体感のあるトークの場が成立するのが面白いと思いました。あと、ちゃんとしたイベントと違って、誰でも気軽にトークを開始できるのも面白い。

 2/16に水池屋さん達と雑談配信をしてみたら、思った以上に楽しかったので、月1ぐらいで定期的に続けようと思ってます。興味がある方は聞きに来てください。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の感想

 TVで『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』が放映されたので、横目でチラチラ観た。なぜ横目かというと、あまり興味がわかなかったから。『Q』は劇場で一度観たきりだけど、何がしたいのか本当に分からなくて、僕の心の中に置き場所が無かった。
 だけど、今回は劇場での鑑賞時とは少し違う印象を受けた。なぜなら、2019年にこの記事を読んだからだ。

【参考】【庵野監督・特別寄稿】『エヴァ』の名を悪用したガイナックスと報道に強く憤る理由 | 庵野秀明監督・特別寄稿 | ダイヤモンド・オンライン

 庵野監督が古巣のガイナックスとの関係性や心境を説明している。エヴァンゲリオンがヒットしたことで、人間関係や、所属組織や、いろんな大事なものが壊れていく経験をした人なんだなって思った。そこから想像を広げたら、『Q』で何をしようとしたのか少し分かった気がした。

 『序』『破』でみんなのために初号機を操縦して頑張ったシンジくんが、『Q』ではメチャクチャつらそう。サードインパクトを起こした件で責められてる。初見時はまずこのシチュエーションが飲み込めなかった。このつらい状況って何なのって。
 でもこれって、庵野監督を取り巻く現実の変化に置き換えて考えると理解できるんじゃないか。つまり、頑張って最初の『新世紀エヴァンゲリオン』を作ったらヒットして、そこまではよかったけど、想定外に大ヒットして『ヤマト』『ガンダム』に次ぐ第3の波を起こしてしまった。そして、ふと気づくと、「アニメ」を取り巻く状況が一変した。現実世界の姿を変える引き金を引いてしまった。その結果、さっきも言ったような、いろいろ大事なものを壊してしまうつらい経験があったんじゃないかなとも想像するし、そもそも一変した「アニメ」を取り巻く状況も、果たして理想的な世界だったんだろうか?
 「現実に多大な影響を及ぼしたこと」が作品を作った人の罪とは僕は思わないけど、当人は困惑したり、やり切れなさを感じてつらかったのかもしれない。『Q』ってそういう、「よかれと思ってやったのに、期待しない方向に世界を変えてしまった人の苦悩」をシンジくんで表現した映画だったのかな、と思った。「エヴァに乗ってもいいことがなかった」って、セリフ自体は旧作にもあったかもしれないけど、『Q』を作った時には、エヴァで世界を変えた苦悩を味わった監督の本音でもあったんじゃないかな。そう考えると、なんだか、真面目に取り組めば取り組むほど精神的に疲弊しそうなテーマだけど……。

 ただ、庵野監督みたいに「自分の作品が多大な影響を及ぼして、現実世界の形を大きく変えてしまった人」って、人類の歴史の中でもごく一部だろうし、自身が起こした変化を「文化を発展させたぞ!」って喜ぶんじゃなくて、逆にそれで苦悩する人となると更に少ないと思う(科学技術が兵器に転用された人とかには居そう)。
 そう考えると、旧エヴァで描かれた庵野監督の「悩み」(人間関係が苦手とか、僕って何?とか)は大勢の人が共感できる悩みだったと思うけど、今回描かれた庵野監督の「悩み」(世界を変えてしまったどうしようつらい)は、あまりにも特殊すぎる……。簡単には共感できない悩みだ。1億人に1人とか、10億人に1人ぐらいしか持たない悩みなんじゃないか。でも、だからこそ映画にして表現する意味があるのかもしれないけど。

 そう考えると、劇中で渚カヲルくんが「エヴァで変わったことは、エヴァで再び変えてしまえばいい」とか「償えない罪はない」とか言うけど、意味深だ。世界を変えてしまった苦悩を乗り越える回答が『シン』で描かれるのかな。楽しみだ。

 今回はそんな風に観たので、劇中のキャラの意味不明な行動は、(僕はそういう極限状態に身を置いた経験が無いから理解できないけど)、もしかしたら実体験に基づくものなのかもなーと思った。「事実は小説よりも奇なり」で、実体験に基づく「冷静に考えたら変だけど、人って実際にはこういう時にこういう行動するんだよね」みたいなものであるがゆえに、観ていて意味不明なのかもしれない。

 まあ、そんなこととか、「死んだ碇ユイの復活を頑張り続けるネルフ上層部って、旧エヴァの時には思わなかったけど、現在においては、『王立宇宙軍』の復活(『蒼きウル』)を頑張り続けるガイナックスっぽさあるな……」とか、いろいろ想像(妄想)してたら、いつの間にか横目でチラチラじゃなくて、TVの前に座って観てた。

 結局のところ、よく分からない映画だと思うけど、初回に観た時よりは、映画の歯車と僕の心の歯車が噛み合う回数が増えた気がしましたね。