Zoom飲み会

 新しいもの好きなので、話題の「Zoom」を使ってみたくて、飲み会を開催した。参加者7人。
 自分も含め、今回初めてインストールした人ばかりだったけど、意外とトラブル無く接続できた。外出規制・外出自粛の状況下で脚光を浴びているソフトウェアだと思うけど、とても使い易く、ユーザーが急増しているのも納得。
 事前に「司会が居たほうが良い」等のノウハウは読んでいたので、「(1)聞きたいことを一人が質問する」「(2)全員が順番に答える」を繰り返す形式にした。この方法は上手く機能したと思う。
 また、実際に使ってみて、確かに司会は居たほうが良いと思った。なぜなら、司会が居ないと「聞かれれば答えるけれども、積極的には発言しないスタンスの人」の話を聞く機会が減ってしまうから。

 

 僕の質問は「最近はまっていること」で、参加者の回答は、『呪われた島 オーク・アイランドと財宝の謎』、iOS版『FINAL FANTASY VII』『#なぴかわ PRIVATE GUIDEBOOK』、韓国旅行、朝ドラ、『蜜蜂と遠雷』、りんご酢ドリンク、『球詠』、国会図書館に通って昔の『ファミコン通信』『ログイン』を読む、でした。意外なことが聞けたりして面白かったです。

 「Zoom飲み会」のメリットは、遠隔地に居る人同士でも気軽に集まれることと、居酒屋のような高額な費用が掛からないことだと思った。逆にデメリットは、終了するタイミングが難しいこと。オフラインの集まりだったら、「終電」とか「会場の閉店時間」が終了する理由になる訳だけど、それが無いと必要以上に長時間に及んでしまうかもしれない。

(2020年4月26日)